MENU

性器の黒ずみをハイドロキノンで美白!メリットとデメリットまとめ

 

「肌の漂白剤」と呼ばれる強力な美白成分があることをご存知でしょうか?

 

 

 

それが今回紹介するハイドロキノンという成分です。

 

 

 

 

性器の黒ずみ専用クリームで効果を感じる人が多いのは、黒ずみ解消に効果的な美白成分が入っているから。

 

それらの成分がメラニン生成を抑えたり肌のターンオーバーを促進することで、黒ずみを目立なくしてくれます。

 

 

ここではハイドロキノンがどんな成分なのかということや、副作用は大丈夫なのかということを調べてみました。
性器の黒ずみ用クリームを選ぶときの目安になれば嬉しいです。

 

 

性器の美白効果抜群!?ハイドロキノンってどんな成分なの?

 

美白成分と聞いて真っ先に思い浮かぶのはどのような成分でしょうか?

 

 

私は、コスメデコルテの美白ラインを愛用しているので「コウジ酸」がパッと出てきました。

 

普段から美白化粧品を使っている方は、「4MSK」「アルブチン」「ビタミンC誘導体」といった成分も頭に浮かんだかもしれませんね。

 

 

このように美白成と呼ばれるものには、いろいろな種類があります。

 

 

 

 

その中でも高い効果を持つと言われているのがハイドロキノンです。

 

 

でも、効果が高い成分には副作用がつきもの。

 

ハイドロキノンを使って黒ずみケアする人のために、どんなことに気を付けなければいけないのかを詳しくまとめました。

 

 

ハイドロキノンはアメリカでは定番の美白成分!

 

ハイドロキノンは、美容の先進国アメリカでは45年以上前から使用されているメジャーな美白成分です。

 

 

 

でも、日本でハイドロキノンが使用できるようになったのは2001年のこと。

 

 

 

それまでは、海外で購入するか病院で処方してもらうしかありませんでしたから、ハイドロキノンという美白成分を知らない方も多いと思います。

 

 

 

ハイドロキノンを知っているのは、美白ケアに敏感な方くらいではないでしょうか。

 

自称美容オタクの母親いわく、ハイドロキノンが日本で手に入らなかった頃は「シミを治す秘薬」と呼ばれていたこともあったそうです。

 

海外までわざわざ買いに行くセレブな友達もいたのだとか。

 

 

 

そこまで効果の高い美白成分が日本でなかなか認可されなかったのには、理由があります。

 

 

 

それは、かぶれや赤み、痛みなど強い副作用がたくさん報告されていたからです。

 

 

 

認可が下りた今でも濃度には規制がありますし、メーカー独自に安全性を証明するデータを出さないとハイドロキノンを配合した化粧品を作ることができません。

 

ハイドロキノン配合の化粧品やクリームが少ないのも、なんだか納得できますね。

 

 

高い効果が期待できる!性器にハイドロキノンを使うメリット

 

性器にハイドロキノンを使うメリットは2つあります。

  • メラニンの生成を抑えてくれる
  •  

  • メラノサイトを減らしてくれる

 

メラノサイトメラニンを作る働きのある成分、メラニンは性器の黒ずみのもとになる色素です。

 

メラノサイトが増え、メラニンが過剰に生成されることで性器が本来の色よりも黒くなってしまいます。

 

 

 

 

ハイドロキノンを使えば、このような黒ずみができるメカニズムをストップさせることができます。

 

 

 

ただし効果を発揮するといっても、
1回や2回使っただけで黒ずみがスッキリなくなる!
なんてことはありません。

 

他の美白成分と比べると効果が高いというだけで、肌のターンオーバー周期に合わせて何か月間か使い続ける必要があります。

 

でも恥ずかしながら私、1回使うだけである程度は黒ずみが消えると思っていました・・・。

 

友達との温泉旅行の前日に気合を入れてヌリヌリ!

 

ワクワクしながら翌朝見たら・・・

 

「えぇえええ!!ぜんっぜん色が薄くなっていない!」(この時の顔、すごかったと思います。笑)

 

 

ハイドロキノンについて調べた今なら「当たり前でしょ!」って思いますが、当時はかなりショック。
めちゃめちゃブルーな気持ちで温泉に行きました・・・。

 

こんな恥ずかしい失敗談をお伝えしたのは、ハイドロキノンの効果が高い=即効性があるわけではないということを知ってほしかったから。

 

 

 

 

彼氏とのデート前日、合コン前日に気合を入れてハイドロキノンを塗ったところで黒ずみは消えません!

 

 

 

ハイドロキノンは、ほかの美白成分よりも効果が出やすいだけなので、毎日コツコツ塗らないといけないんです。

 

みなさんは、私みたいな失敗をしないでくださいね;

 

 

黒ずみが絶対消えるはウソ?性器にハイドロキノンを使うデメリット

 

強い美白成分で知られるハイドロキノンですが、デメリットもあります。

 

「手段は選ばない!とにかく黒ずみを消したいっ!」という人もいるかもしれませんが、知っておかないと後悔するので必ず目を通しておいてください。

 

  • 性器に白い斑点ができる
  •  

  • 紫外線に当たると黒ずみが悪化する
  •  

  • 肌が弱い人だと痛み、痒み、炎症などが起こることがある

 

ハイドロキノン最大のデメリットは、性器に白い斑点ができるリスクがあること。

 

白斑と呼ばれる症状で、皮膚が部分的に白っぽくなった状態です。

 

 

 

「黒ずみが白くなるならいいじゃん!」と思う方、google等で性器の白斑の画像を探してみてください。

 

部分的に白く色が剥げたようになるので、ここには載せられないほどショッキングな見た目です・・・。

 

 

 

 

また、ハイドロキノンを塗った場所は紫外線の影響を受けやすくなってしまいます。

 

どういうことかというと、ハイドロキノンを塗った場所に紫外線が当たると、通常よりも黒ずみやすくなるということです。

 

性器を外で露出することはないので問題ないと思いますが、顔の美白でハイドロキノンを使う場合は気を付けてください。

 

 

 

 

美白化粧品を使うと肌がヒリヒリする、赤くなる・・・という方、いませんか?

 

 

このような人は、刺激の強いハイドロキノンは避けた方がいいかもしれません。

 

 

 

性器の皮膚は、顔の皮膚よりもデリケート。

 

そんなところに刺激の強いハイドロキノン入りクリームを塗ってしまったら・・・ちょっと怖いですよね;

 

 

肌が丈夫だという人も、性器に使う前に他の部位で肌荒れしないかテストするようにしてください。

 

テストで問題がなく性器に使用する時にも、いきなりIラインには塗らないこと。

 

比較的肌が丈夫なVラインから使用することをおすすめします。

 

 

性器の黒ずみに効く美白成分はハイドロキノンだけ?

 

高い美白効果があるハイドロキノンですが、副作用も強いので使うのが心配だという人は多いと思います。

 

私は、「白斑」の画像を見てハイドロキノンを使う勇気がなくなってしまいました・・・;

 

 

でもご安心ください。ハイドロキノン以外にも、性器の黒ずみに効果を発揮する美白成分はたくさんあります。

 

美白成分の名称と効果を簡単にまとめましたので、性器用クリームを選ぶときの参考にしてみてくださいね。

 

  • ビタミンC誘導体・・・ビタミンCを肌に吸収しやすい形にしたもの
  •  

  • アルブチン・・・メラニン色素(黒ずみのもと)に作用するチロシナーゼを抑制する
  •  

  • コウジ酸・・・みそやしょうゆなどコウジ菌由来の成分。チロシナーゼを抑制する
  •  

  • エラグ酸・・・イチゴから抽出された成分。チロシナーゼを抑制する
  •  

  • リノール酸・・・植物油から抽出された成分。チロシナーゼを抑制する
  •  

  • m-トラネキサム酸・・・シミ発生物質やメラニンの生成を抑制する
  •  

  • 4MSK・・・ターンオーバーを整えたりメラニンの抑制作用がある
  •  

  • マグノリグナン・・・チロシナーゼの成熟を阻害する
  •  

  • プラセンタエキス・・・豚の胎盤から抽出された成分。チロシナーゼを抑制する
  •  

  • D-メラノ・・・ナイアシン(ビタミンB3)と呼ばれ、メラニンの過剰生成を抑制する

 

 

まとめ

 

ハイドロキノンは、高い効果が期待できる美白成分です。

 

 

 

でも、数日で性器の黒ずみが綺麗になるとは思わないでください。

 

たしかに他の美白成分と比べると効果は出やすいですが、毎日続けなければ黒ずみは薄くなりません。

 

ほかの成分と同じで、コツコツ続けることが大切です。

 

 

ただしハイドロキノンは効果が高いぶん、副作用のリスクも伴います。

 

性器は特にデリケートな部分なので、白斑やかゆみ、痛みなど肌トラブルが起こる可能性について理解してから使用されることをおすすめします。

 

副作用のリスクが心配な方はハイドロキノンにこだわらず、もっと安全性の高い美白成分を使った性器用クリームを使うと安心です。