MENU

陰部の黒ずみはレーザーで消す!痛くない?痕は残らない?

 

ファッション誌の後ろの方に、必ずと言っていいほど掲載されているレーザー治療の広告。

 

「何をしてもダメだった黒ずみが消えた!」とか「日本最先端の機械を導入!」という宣伝文句に興味を持っているのは私だけではないはず。

 

 

 

でもレーザー治療って痛そうだし、治療した痕が残ったりしないか心配になりませんか?

 

 

 

お金がいくらくらいかかるのかも気になりますよね。

 

 

 

そこで、黒ずみに本気で悩んでいる私が、知りたいことや気になることを徹底的に調べました!

 

この記事で、陰部の黒ずみをレーザー治療する場合の疑問を解消していきましょう。

 

 

 

即効性を求めるなら!陰部の黒ずみのレーザー治療

 

レーザー治療が向いているのは、金銭的&時間的に余裕がある人です。

 

美容皮膚科に通院するためのお金や時間がたっぷりあるのなら、即効性の高いレーザー治療で黒ずみを改善してみてはいかがでしょうか

 

レーザー治療のメリットやデメリット、気になる費用について調べてみました。

 

 

陰部の黒ずみは1回でピンクにできる?

 

レーザー治療では、機械を使ってレーザー光線を陰部の黒ずみに照射していきます。

 

レーザー光線を照射された部位は、黒ずみの原因となるメラニン色素が破壊されます。

 

破壊されたメラニン色素は肌のターンオーバー周期に合わせて排出され、メラニン色素が減っていくことで徐々に黒ずみが薄くなっていくという仕組みです。

 

 

 

 

だから1回で陰部がピンクになるなんてことはありえません!

 

 

 

ちょっと黒ずんできたかな?
というレベルの人や、10代〜20代のターンオーバーが活発な時期なら、少ない回数で十分満足いく仕上がりになるかもしれません。

 

でも、30歳になるまで黒ずみケアを一切せず、今になって大慌てしているような人は10回以上通わなければいけないことが多いようです。←これ、私のことですね。笑

 

 

 

 

長い年月をかけて蓄積されたメラニンを破壊して排出するには、それなりの期間がかかります。

 

 

 

しかも30代以降は肌のターンオーバー周期も乱れてしまうので、破壊したメラニンを排出するのにも時間がかかってしまうんです。

 

 

痛い?痛くない?陰部の黒ずみにレーザー照射

 

 

 

レーザーを肌にあてると聞くと、「痛そう!!」と心配になりませんか?

 

 

敵を攻撃するときに、ヒーローがレーザー光線を出すアニメもあるくらいですから。(笑)

 

 

 

 

でも実際は、そこまで痛みは感じないようです。

 

 

 

 

私はVIOを医療レーザー脱毛をしていたことがあるのですが、レーザーを肌にあてる瞬間だけビビッと刺激がありました。

 

輪ゴムで肌をはじく感じと表現されることが多いですが、本当にそんな感じ。

 

粘膜近くのIラインは毛穴の奥がヒリヒリするような感覚がありましたが、耐えられないほどじゃなかったです。

 

 

 

陰部をレーザー治療するときは麻酔を使用することもできるので、痛みが心配な方は相談してみてもいいかもしれませんね。

 

塗るタイプの麻酔や、ガスを吸い込むタイプの麻酔などいろいろありますよ。

 

 

ただし麻酔が効くまでにはある程度の時間が必要なので、当日「麻酔してください!」といっても対応してもらえない可能性があります。

 

麻酔を使いたいのなら、必ず予約段階で伝えるようにしてください。

 

 

陰部の黒ずみを消すレーザー治療はお金がかかるって本当?

 

 

 

レーザー治療するかどうか、一番ネックになるのがお金の問題ではないでしょうか。

 

 

 

そこで、ファッション誌やCMなどでよく目にする湘南美容外科や高須クリニック、城本クリニックなどの料金を調べてみました。

 

 

 

わかったのは、使用する機械によって料金が違うということ。

 

 

 

1回の施術で高い効果が感じられるものは高いです。

 

「あ、この機械なら安い!」と思ったら、6〜12回の通院が目安ですと書かれていたり・・・。

 

 

 

 

陰部の黒ずみを消そうと思ったら、最低でも10万円くらい予算が必要になると思います。
(美容皮膚科によっては30万円近くかかることも!)

 

 

しかもたいていの場合は、これにプラスしてホームケア用品を購入するようにすすめられます。

 

 

 

ハッキリ言いますが、美容皮膚科で購入するホームケア用品は高いです!

 

 

市販品と違って成分濃度が高いのかもしれませんが、一式揃えると3〜4万円かかることもあります。
(私はワキの脱毛で美容皮膚科に通っていたことがありますが、黒ずみケア用のホームケア用品に3万円近く使いました・・・)

 

 

 

結論から言うと、レーザー治療はお金がかかります!

 

 

 

広告に「お試しキャンペーンで1回2000円」と書かれていることがありますが、1回じゃ陰部の黒ずみは綺麗になりません。

 

 

 

というより、1回で黒ずみがピンクになるようなレーザー治療があったら怖いです!

 

 

 

レーザー治療では、皮膚に熱を与えてメラニンを破壊します。

 

レーザーの照射レベルが高ければ1回で効果は出やすくなりますが、そのぶん火傷などのリスクが高まります。

 

陰部が火傷するなんて、考えただけで怖くないですか?めちぇめちゃ痛そうですよね・・・。

 

ヒリヒリしたり痛いだけなら我慢できるかもしれませんが、もしも痕が残ってしまったりしたら・・・。

 

治療の痕を見られて、「この人、陰部に何かしたんだな〜」って思われていたら嫌じゃないですか?

 

 

 

私だったら、誰にもバレずにこっそり黒ずみを消したいです。

 

 

 

このような火傷のリスクを避けるために、レーザー治療は出力を落としているんだと思います。

 

出力を落とすと1回当たりの効果が小さくなるので、1回1万円のレーザー治療では5〜10回通うのが一般的です。

 

 

 

「一生に1回の治療だから、お金をかけてもいい!」という人がいるのですが、黒ずみのレーザー治療は一生ものではありません。

 

生活習慣やホルモンの影響が原因で陰部が黒ずんでいる場合は、レーザー治療後に黒ずみが再び起こる可能性が高いそうです。

 

陰部の黒ずみを消す生活習慣についてはこちら>>
陰部の黒ずみ解消法5つを徹底リサーチ!これって本当に効果あり?
アソコの黒ずみの定番ケア方法は?皮膚科で聞いた2つのこと

 

 

黒ずみを取るのに1回10万円、また黒ずんだらプラスで10万円。

 

レーザー治療だけで黒ずみを消そうと思うと、毎回のボーナスが陰部の黒ずみ治療に消えていきそうでちょっと怖いです・・・。

 

 

まとめ

 

 

陰部の黒ずみはレーザー治療で薄くすることができます。

 

自宅でセルフケアするよりも早く効果が実感できますが、1〜2週間おきに美容皮膚科に通わなければいけませんし、10万円近く費用がかかります。

 

 

 

美容皮膚科に通うお金&時間がたっぷりある方は、即効性の高いレーザー治療を検討するのもアリです。

 

 

 

ただし、陰部の黒ずみは、レーザー治療だけで完全に防げません。

 

一度レーザー治療しても再び陰部が黒ずんでしまうケースは結構多いので、治療後は黒ずみを再発させないケアが必須。

 

陰部専用のクリームで黒ずみ予防するようにした方が良さそうですね。