MENU

小陰部の黒ずみが起こる原因は毎日の〇〇だった!

 

小陰部が黒ずんでいる女性って、男遊びしてそうなイメージがありませんか?

 

実は私は高校生の頃、「あの子めちゃめちゃ遊んでるから、絶対アソコに黒ずみあるよね〜」とか言ってました・・・。(本当にごめんなさい!!)

 

 

 

 

でも、小陰部が黒い女性=男遊びしてる、っていうのはウソです。

 

 

 

 

このサイトを訪れてくれている人の中には、「遊び人じゃないけど小陰部が黒ずんでいる」という人もいると思います。

 

私もその一人です。なんなら26歳から4年間、彼氏いませんでした;

 

 

 

そこで、小陰部の黒ずみについて原因を調べてみました。

 

毎日やっている、何気ないクセや習慣が黒ずみの原因のこともあるんですよ!

 

小陰部の黒ずみを今すぐ改善したい人は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

 

黒ずみの原因1.ホルモンの影響

 

早い人だと、思春期頃から小陰部が黒ずむと言われていますが、これは女性ホルモンの影響によるものです。

 

 

 

成長する段階で女性ホルモンの分泌量が増え、ホルモンバランスが変化します。

 

そしてメラニンの生成量が増えたり、メラニンの排出がスムーズにいかなくなることで小陰部が黒ずむようになってしまいます。

 

 

 

女性の場合だと、妊娠をきっかけに小陰部が黒ずんでしまった・・・という人もいるかもしれません。

 

実は私の友達にも、妊娠中に小陰部が黒くなったという子がいました。

 

 

 

産婦人科で相談したところ、「妊娠することでエストロゲンというホルモンが増えて、乳首や陰部に黒ずみが起こりやすくなる」と説明を受けたそうです。

 

 

 

 

黒ずみを改善できないまま妊娠したら、ますます黒くなっちゃうってことなんでしょうか・・・。

 

 

 

しかも、産後に黒ずみが戻らないこともあるみたいです。

 

ホルモンの影響なので自分では防ぎようがありませんが、どんな理由にせよ黒ずみは気になっちゃいますよね。

 

 

黒ずみの原因2.摩擦や圧迫などの刺激

 

小陰部の黒ずみの原因で一番影響が大きいのでは!?と思うのが、摩擦や圧迫などの刺激です。

 

摩擦や圧迫といわれても、いまいちイメージがわきにくいと思うので具体例を挙げて紹介していきますね。

 

 

Tバックショーツに要注意!

 

ショーツは一日中履いているものなので、デザインに気を付けてください。

 

 

 

ショーツと肌の擦れが、黒ずみの原因になることがあります。

 

 

 

例えばプレーンなショーツだとVライン、TバックショーツだとIライン(小陰部まわり)の黒ずみが起こりやすくなります。

 

要はショーツの端が、肌のどの部分と擦れるかということです。

 

食い込みのキツいTバックショーツは避けて、Iラインに触れないデザインのショーツを使ってみてくださいね。

 

 

ショーツの素材で黒ずみ悪化!

 

 

 

ショーツのデザインだけでなく、素材選びも重要です。

 

 

 

 

小陰部の黒ずみが気になる方は、刺激の少ない天然素材(綿、絹、麻など)のショーツを選ぶようにしてください。

 

ザラザラした素材のものは、肌に触れると擦れて刺激になってしまいます。

 

見た目にオシャレなレース素材も、黒ずみが気になるなら避けた方が無難です。

 

 

 

 

でも、デートで身につけるようなオシャレなショーツは、ほとんどがポリエステルやレーヨンなどの化学繊維素材

 

インポート下着ならシルク素材のものもありますが、1着2〜3万円とかなり高級です。

 

 

 

女性らしいセクシーなデザインショーツを身につけるか、それとも小陰部の黒ずみケアのために天然素材のショーツを身につけるのか・・・素敵な男性との出会いを求めるアラサーの私としては、悩みどころです。

 

 

 

綺麗になるためのムダ毛ケアが逆効果!

 

 

 

みなさんは、小陰部まわりのムダ毛ケアをしていますか?

 

 

 

 

「デリケートゾーンが無法地帯のジャングル状態だと、ドン引きする男性が9割」みたいな雑誌の特集記事を読んでから、私はめちゃめちゃ気を付けてます!!

 

 

これで女としての身だしなみはバッチリなんて思っていたんですが、実はこれも黒ずみを悪化させる原因になるんです。

 

 

 

カミソリで処理すると、肌表面の細胞が刺激を受けて傷つきます。

 

そして刺激を受けた場所はメラニン生成が活発になり、だんだん黒ずむように・・・。

 

 

ショーツの擦れでも黒ずみが起こると紹介しましたが、カミソリで剃る方が何倍もダメージは大きいです!

 

どうしても処理しなきゃいけないのなら、カミソリじゃなくて電気シェーバーやヒートカッターを使うようにしてください。

 

カミソリのように根元からツルツルというわけにはいきませんが、黒ずみが悪化するのを防げます

 

 

黒ずみの原因3.加齢による新陳代謝の低下

 

10代や20代の頃の写真と、今の顔写真を並べてみてください。

 

 

 

くすみが目立つようになっていたり、シミやシワが増えている方がほとんどだと思います。

 

でも、どうして年をとったら見た目が変わってしまうのか不思議ですよね。

 

 

 

 

それは、年をとると肌の新陳代謝が悪くなってしまうから。

 

 

特に30代を過ぎたころから肌トラブルを痛感する方が多いです。

 

 

 

例えば、体内のコラーゲン生成量や潤いが不足するとシワが深くなります。

 

メラニンが排出されずに蓄積されれば色素沈着が起こってシミができますし、肌細胞の再生がうまくいかなくなると肌がくすみます。

 

 

 

「それと小陰部の黒ずみにどんな関係があるの?」という声が聞こえてきそうですが、顔や体の皮膚と同じように小陰部の皮膚も老化するんです。

 

しかもラブコスメを扱っている某サイトによると30代まで小陰部のケアを全くしていない人は、かなり高い確率で黒ずんでいるのだとか。

 

きちんとケアするかどうかで、黒ずみレベルに違いが出るということです。

 

 

まとめ

 

小陰部が黒ずむ原因はホルモンの影響下着や洋服と擦れる時の刺激加齢によるターンオーバーの乱れの3つ。

 

 

 

 

最初にお伝えしたように、黒ずみがある=遊んでいるというのは間違いです!

 

 

 

だって私、人並みの恋愛しかしていないのに小陰部が黒ずんでいるんですから。涙
(むしろ周りより男性経験は少ないくらいです。そんなに性欲もある方じゃないし・・・)

 

 

でも、黒ずみの原因について知っている男の人なんていないと思います。
小陰部の黒ずみを指摘されたときに、「違うの!この黒ずみの原因は、実は成長段階のホルモンの影響で・・・」と説明するわけにもいきません。

 

つまり小陰部の黒ずみのせいで「遊び人」と勘違いされないためには、黒ずみを解消するしかないということですね。